UPDATES 最新情報

WORK OF THE MONTH 今月の逸品

曾我 蕭白画/二日坊 宗雨賛「紙雛之図」

紙本 水墨 國華一四三〇号所載
94×28cm / 176×34cm

これほどまでに奔放な雛図を描いた画家がいるでしょうか。それは今も昔も、この奇想の画家・曾我蕭白を除いては他にいないでしょう。後ろの男雛は踊っているのか、はたまた倒れているのか。両手を広げる女雛に至っては、着物すら纏いません。添えられた賛には「酔っ払って雛がいくつにも見えるぞ」の意。蕭白の画風によく知られる観る者を圧倒する程の緻密な描き込みや、計算し尽くされた構図設計などとは対極にある本作ですが、酔いに任せて興の赴くままに筆を走らせた蕭白の自由闊達な姿勢が楽しい作品です。津の俳人・二日坊宗雨との交流の様子も窺い知れる興味深い一作です。

曾我蕭白の詳細はこちらから→ 作家詳細へ

APPRAISAL 鑑定委員会

鑑定に関するご相談

勝海舟などの遺墨鑑定会や、
「若山牧水作品鑑定」の
窓口となっております。

INFORMATION お知らせ

  • 2020.02.06

    査定・買取の「京都受付窓口」を開設しました。詳細はこちらのページの下部「「京都受付窓口」開設のご案内」より。

  • 2020.02.04

    美術品入札会「廻-MEGURU-」vol.3の開札結果が公開されました。

  • 2020.02.03

    本日は展示がえのため、ギャラリーは休廊となります。何卒ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

MEDIA メディア掲載

  • 2020.02.25
    芸術新潮 2020年3月号
  • 2019.12.25
    月刊アートコレクターズ 2020年1月号
  • 2019.12.13
    目の眼 1月号

MAIL NEWS メールニュースのご案内

対談・催事のご案内など、加島美術から日本美術の新しい情報をお届けします。

加島美術の最新情報が届くメールニュースのご登録はこちらから

※情報を守るため安全な通信が行われる
メールニュース登録専用フォームにリンクします。