写真家 六田智弘展

展示は終了いたしました。

このページのトップへ

展示内容

写真家 六田智弘展 展示内容
写真家 六田智弘展 展示内容
写真家 六田智弘展 展示内容
写真家 六田智弘展 展示内容

日本人は古来より自然界の万物に神秘性を見いだし、信仰や畏怖の念を持つ対象として捉えてきました。本企画はその日本人独自の自然観・思想を背景に、新たな表現を試みる写真家 六田知弘氏の連続企画です。全体のテーマは「宇宙を構成する五大原素 - 地水火風空」とし、日本人の自然観、自然信仰を背景に撮影した作品を展示致します。最終章となる本展では「火・風」の神秘性とエネルギーに満ちあふれた世界を約30点展示、販売致します。
六田氏は自らの言葉でこう記しています。「カメラをにぎる時、私は一個の受信機になる。日常の意識を下げて五感を開き、被写体が発する波動を感知して、それに自らをシンクロさせることができたとき、止めどなく変化し続けるそれら現象の世界の内に隠された「宇宙の秘密のかけら」が、向こうのほうから写り込んできてくれる。そう信じて、シャッターを押し続ける。」
日常の中で形として捉えている、眼に見えている世界ではなく、自我や肉体を超越した境界にあってこそ得られる感覚を、本展を通じてご体感いただければと思います。
自然と対峙、交感し続ける写真家・六田知弘氏の表現における新境地をご堪能ください。

このページのトップへ

作家プロフィール

写真家 六田知弘(むだ ともひろ)

ヒマラヤの村に暮らして撮影した「ひかりの素足―シェルパ」以来「自然や宇宙との根源的なつながり」を遠くに探りながら、モノ、風景、人物など様々な事象を対象に撮影し、写真展や出版を通じて発表。仏像などの日本美術のほかヨーロッパ中世美術、雲岡石窟等の仏教遺跡など、文化財、古美術品の撮影も多く手がける。

  • 1956年  奈良県に生まれる。
  • 1980年  早稲田大学教育学部卒業。
  • 1982年よりネパールヒマラヤ山中のシェルパの村に暮らして撮影。
  • 1988年  最初の個展「ひかりの素足―シェルパ」( 新宿ニコンサロン)を開催。
[ 主な写真展 ]
2007年 「祈りの中世 ロマネスク美術写真展」(国立西洋美術館/東京)
2008年 「祈りの道 サンティアゴ巡礼の道と熊野古道」ルイス・オカニャとの二人展
(和歌山県田辺、パリ、サンティアゴ、東京を巡回)
2009年 「シトーの光」(繭山龍泉堂/東京)
2009年 「Clair Obscur」(Galerie Frédéric Moisan / パリ)
2010年 「壁の記憶」(丸の内ギャラリー/東京)
2011年 「雲岡 仏宇宙」(繭山龍泉堂/東京)
2012年 「OKUGAKE」(金峯山寺本地堂/奈良県吉野山)
2013年 「3.11 時のイコン 東日本大震災の記憶」(相田みつを美術館/東京)
2013年 「LES MURS DU TEMPS」(Galerie Yoshii/ パリ)
2014年 「3.11 時のイコン 東日本大震災の記憶」(渋谷区立松濤美術館/東京)
2014年 「蓮―清らかな東アジアのやきもの×写真家・六田知弘の眼」
(大阪市立東洋陶磁美術館/大阪)
2014年 「水ノ貌 MIZU NO BO」(加島美術/東京)
2015年 「ボロブドゥール Borobudur」(繭山龍泉堂/東京)
2015年 「地・空ノ貌 CHI・KU NO BO」」(加島美術/東京)
2015年 六田知弘写真展「壁」(ギャラリー古今/東京)
2016年 六田知弘写真展「Icons of Time Memories of the Tsunami that Struck Japan
Photographs by Tomohiro Muda」(The Japan Foundation Gallery, Sydney/オーストラリア)
2009年より写真展「サンティアゴ巡礼の道 六田知弘 東洋のまなざし」がヨーロッパ各地を巡回中
[ 主な写真集 ]
「ひかりの素足-シェルパ」IPC刊
「ポリの肖像」シングルカット刊
   
「In Praise of Japanese Beauty / Japanese Aesthetics
Through the Lens of Tomohiro Muda」コエランス刊
「雲岡石窟 仏宇宙」
冨山房インターナショナル刊
   
「OKUGAKE」LLPブックエンド刊
「石と光 シトーのロマネスク聖堂」
平凡社刊
   
「時のイコン 東日本大震災の記憶」
平凡社刊
「ブッダ 今を生きる言葉」
パイ インターナショナル刊
   
「光の聖堂 ロマネスク」
淡交社刊
 

このページのトップへ

概要

[ 問い合せ ]
株式会社 加島美術
〒104-0031
東京都中央区京橋3-3-2 (東京スクエアガーデン脇)

TEL:03-3276-0700 FAX:03-3276-0701
E-Mail:info@kashima-arts.co.jp

担当:宣伝・広報 澤田


アクセス
地下鉄銀座線 「京橋駅」出口3 徒歩1分 / 地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」出口7 徒歩2分
都営地下鉄浅草線「宝町駅」A4 徒歩5分 / JR東京駅 八重洲南口 徒歩6分

主催 / 株式会社 加島美術

このページのトップへ