ARTIST DETAILS 作家詳細

作家名

与謝蕪村

よさ ぶそん
作家詳細

(1716~1784)江戸中ー後期の俳人、画家。摂津生。初め谷口氏、のち与謝に改姓。俳号は宰鳥、夜半亭など。画号は四明、朝滄、長庚、春星。晩年は謝寅。十代の頃江戸に下り、早野巴人に入門。巴人の歿後は諸国を放浪したのち、京都に定住する。池大雅との競作「十便十宜図」後、俳風、画風が変化する。蕉風復興を提唱し、近代的で新鮮さに富む独自の俳画を確立した。

カテゴリー