ARTIST DETAILS 作家詳細

作家名

円山應挙

まるやま おうきょ
作家詳細

(1733~1795)江戸後期の画家、円山派の祖。丹波生。字は僊斎、仲選。号は一嘯、夏雲、仙嶺等。通称は主水。幼少より絵を好み、京都の石田幽汀に狩野派の画法を学んだ。幽汀の写生的画法に、沈南蘋の写実風、宋元画の技法を取り入れた。また西洋画の遠近法を研究したことでも知られる。写実性と伝統的な装飾画様式を融合した新様式を確立。門人に長澤蘆雪らがいる。

カテゴリー