ARTIST DETAILS 作家詳細

作家名

森祖仙

もり そせん
作家詳細

(1747~1821)江戸後期の絵師。肥前生。名は守象、字は叔牙、号は祖仙、のち狙仙。狩野派の勝部如春斎に学ぶ。円山應挙からの影響を受けつつ独自の画風を追求し大阪を中心に活躍。森派の祖となった。精細克明な毛描きで知られ、とりわけ猿と鹿を得意とした。

カテゴリー