ARTIST DETAILS 作家詳細

作家名

白隠慧鶴

はくいん えかく
作家詳細

(1686~1769)江戸中期の臨済宗の僧。駿河生。白隠は字、号を鵠林。十五才で松蔭寺単嶺祖伝に就いて出家、慧鶴と称する。道鏡慧端の法を嗣ぎ、松蔭寺に住持。妙心寺の第一座となる。東嶺円慈、遂翁元盧らを育て、臨済禅の中興の祖と称される。禅の民衆教化に尽くし、書画も能くした。

カテゴリー