EVENT DETAILS 催事詳細

美祭 撰01

美祭 撰01

2019.4.20-5.6

本展は終了しました。

多くの方にご来場いただき、ありがとうございました。
尚、会期終了後もカタログ掲載作品のお問合せを受け付けております。ご希望作品がご案内できない場合にも、お客様の作家や作品等のお好みをお伺いし、ご希望に沿った作品をご案内いたします。
お気軽にお問合せください。

お問合せフォームはこちら

2019年春、「美祭」が生まれ変わります。

加島美術が2007年から開催してきた、こだわりの美術品展示販売会「美祭-BISAI-」。創業30周年を迎えた2019年より、装いを新たに「美祭 撰」としてリニューアルいたします。春と秋の年二回、これまでのカタログよりさらに厳選された作品をご紹介する、ワンランク上の美術品展示販売イベントが「美祭 撰」です。加島美術がご紹介する作品の数々をぜひ、お楽しみください。

みどころ

■ガラスケースなしに珠玉の作品をご覧いただけます!

「美祭 撰」の一番の魅力は、何といっても作品に直に触れられることです。美術品は間近で見てこそ、その価値を発揮するものであると、私たちは考えます。ガラス越しでは感じることのできない、紙や墨が持つ独特の質感と佇まいをぜひ味わってください。

■「美祭 撰 01」 注目作品!

今回の「美祭 撰」の注目作品は、甲斐庄楠音「春」、菱田春草「海上颶風図(習作)」、長澤蘆雪「関羽図」、横山大観「林間遅日」。その他にも、蹄斎北馬や富岡鉄斎らによる近世絵画、大愚良寛や棟方志功らによる墨跡、加山又造や片岡球子らによる近代絵画など、珠玉の作品を取り揃えております。選び抜かれた作品に触れて、この春も香しい日本美術の世界を堪能してください。

甲斐荘楠音「春」
長澤蘆雪「関羽図」
横山大観「林間遅日」
菱田春草「会場颱風図(習作)」

こだわりのカタログをお手元に

加島美術がこだわり続けてきたオリジナルの販売カタログ。販売作品のご紹介はもちろん、識者をお招きしての対談やコラムなど、日本美術ファン必読のコンテンツを掲載し、アートブックのようにお楽しみいただける一冊です。 今春、装いを新たにスタートする「美祭 撰01」で、より厳選された日本美術作品の数々をぜひお楽しみください。皆様のお申し込みをお待ちしております。

加島美術がこだわり続けてきたオリジナルの販売カタログ。販売作品のご紹介はもちろん、識者をお招きしての対談やコラムなど、日本美術ファン必読のコンテンツを掲載し、アートブックのようにお楽しみいただける一冊です。 今春、装いを新たにスタートする「美祭 撰01」で、より厳選された日本美術作品の数々をぜひお楽しみください。皆様のお申し込みをお待ちしております。

新規お申込みの方限定
カタログ無料プレゼント!!

下記お申込みフォーム、電話、FAX、または店頭にてお申込みください。
「美祭撰01」カタログイメージ ※イメージ
カタログのダイジェスト版をオンラインでご覧いただくこともできます。
※ダイジェスト版カタログイメージ

銀座 蔦屋書店での特別展示「日本美術を飾る愉しみ」

床の間がないと飾るのが難しい・・など、なかなか自宅での楽しみ方がわからないと思われがちな日本美術を現代空間で楽しんでいただきたい、という思いから、「日本美術を飾る愉しみ」という新企画をスタートしました。日本美術の作品を北欧ヴィンテージ家具と合わせて空間コーディネートし、お部屋の用途に合わせてご提案いたします。そして、今回、銀座 蔦屋書店で開催される特別展示にご協力することになり、日本美術のある現代空間を体感できることとなりました。4/18(木)〜5/6(月・祝)にかけて、会場で美術品のある生活空間を再現。会場はGINZA SIX 6Fにある銀座 蔦屋書店。家具協力はスウェーデンのベッドブランド DUXIANAさん、北欧ヴィンテージ家具を扱うLuca Scandinaviaさんです。日本美術は床の間や茶室はなくてももっと自由に楽しむことができる。それをぜひ感じてみてください。

会場イメージ(©︎2017 Nacasa & Partners Inc. all rights reserved)
展示イメージ

開催概要

美祭 撰

開催日時

2019年4月20日(土)-5月6日(月)
10:00〜18:00 ※会期中無休

会場

加島美術
TEL:03-3276-0700
FAX:03-3276-0701
〒104-0031 東京都中央区京橋3-3-2