UPDATES 最新情報

WORK OF THE MONTH 今月の逸品

渡邊省亭「月夜の柳に鷺の図」

絹本 淡彩 共箱

108×41cm/206×54cm

明治~大正期に活躍した渡邊省亭は、フランスをはじめ、欧米での人気が高い絵師。今年は国内でも大規模な回顧展が開かれるなど、ますます再評価の機運が高まっています。

墨の濃淡を巧みに活かした本作は、明治30年代後半、55歳ごろの作。
明治37年アメリカで開催されたセントルイス万国博覧会にて、「枯蓮宿鴨」が金賞を受賞したのと同時期の作品です。雲が薄くかかった満月を背景に、柳の葉がやさしく揺れている幻想的な世界が描かれています。巧みな省筆で描かれた鷺は、花鳥の名手として名を馳せた省亭らしく、その眼は生き生きと愛らしく描写されています。

渡邊省亭の詳細はこちらから→ 作家詳細へ

APPRAISAL 鑑定委員会

鑑定に関するご相談

勝海舟などの遺墨鑑定会や、
「若山牧水作品鑑定」の
窓口となっております。

INFORMATION お知らせ

  • 2021.05.22

    次回開催の「廻-MEGURU-」vol.7の開催概要を公開しました!詳細はこちらから(廻サイトへ)

  • 2021.04.15

    「省亭・暁斎・是真」展のオンラインカタログを公開しました。詳細はこちらから。

  • 2021.03.19

    原口典之のオイルプール展示中です。4月10日まで。

MEDIA メディア掲載

  • 2021.05.03
    NHK「日曜美術館」 番組HPはこちら
  • 2021.03.25
    芸術新潮2021年4月号
  • 2021.03.10
    フジテレビ「世界の何だコレ!?ミステリー」

MAIL NEWS メールニュースのご案内

対談・催事のご案内など、加島美術から日本美術の新しい情報をお届けします。

加島美術の最新情報が届くメールニュースのご登録はこちらから

※情報を守るため安全な通信が行われる
メールニュース登録専用フォームにリンクします。