ARTIST DETAILS 作家詳細

作家名

松村呉春

まつむら ごしゅん
作家詳細

(1752~1811)江戸中期の画家、四条派の祖。京都生。名は豊昌、春、月渓。字は伯望、通称は文蔵。壮年の頃呉服村酒造家に寓し、その地名に因んで名を呉春と改めた。与謝蕪村について画を修め俳諧を能くした。蕪村の歿後は應挙の画を好み弟子にと請うが應挙は固く辞し、親友として画学を研究し写生を勉強して終に一家をなす。

カテゴリー