ARTIST DETAILS 作家詳細

作家名

椿椿山

つばき ちんざん
作家詳細

(1801~1854)江戸後期の文人画家。江戸生。名は弼、字は篤甫。通称は忠太、別号は琢華洞。幕府槍組同心で、俳句や吹笙もよくした。画ははじめ金子金陵に学び、渡邊崋山の弟弟子であった。金陵の死後は崋山に師事する。惲南田の画風に私淑し、没骨法をよく用いた。肖像画と花鳥画に優れた。

カテゴリー