ARTIST DETAILS 作家詳細

作家名

武者小路実篤

むしゃのこうじ さねあつ
作家詳細

(1885~1976)大正ー昭和の小説家、劇作家、詩人。東京生。子爵の家柄に生まれる。西洋美術の紹介につとめ、白樺派を代表する作家。学習院時代にトルストイや聖書に傾倒した。作家活動専念のため東大を中退、文学研究会「十四日会」を結成。志賀直哉らと『白樺』を創刊。社会主義的立場から「新しき村」のユートピア運動を実践。戦後は同人誌『心』を創刊。芸術院会員。文化勲章受章。

カテゴリー