ARTIST DETAILS 作家詳細

作家名

一休宗純

いっきゅう そうじゅん
作家詳細

(1394~1481)室町前期の臨済宗の僧。京都生。号は狂雲子。後小松天皇の皇子と伝えられる。はじめ京都五山において修行し、その後近江国の華叟宗曇に師事した。応仁の乱後の大徳寺復興に大きく関わった。仏教の形式化と堕落への批判として、厳禁とされる女犯肉食を行った。また人間味あふれる一面は、後世も物語として多く伝え残されている。

カテゴリー