ARTIST DETAILS 作家詳細

作家名

菊池芳文

きくち ほうぶん
作家詳細

(1862~1918)明治ー大正の日本画家。大坂生。旧姓市谷、本名は常次郎、親戚の菊池姓を継ぐ。初め慈野芳園に学び、四条派の幸野楳嶺に師事。花鳥画にすぐれ特に桜の名手である。内国絵画共進会などで受賞を重ね、京都画壇で活躍した。文展審査員、京都絵専教授、帝室技芸員。竹内栖鳳谷口香嶠、都路華香と共に楳嶺四天王と呼ばれる。

カテゴリー