ARTIST DETAILS 作家詳細

作家名

雪舟

せっ しゅう
作家詳細

(1420~1506)室町後期の画僧。備中生。諱は等楊。号は初め拙宗、のち雪舟。幼少で上京、相国寺の春林周藤に師事、知客を務めながら周文に画を学ぶ。享徳三年山口へ移り、文正元年、大内氏の遣明船で入明。天童景徳寺首座の称号を得る。帰国後は山口を中心に活躍。後の漢画諸派に強い影響を与えた。代表作に「山水長巻」「慧可断臂図」「天橋立図」など。

カテゴリー