ARTIST DETAILS 作家詳細

作家名

大愚良寛

たいぐ りょうかん
作家詳細

(1758~1831)江戸後期の僧、歌人。越後生。幼名は栄蔵、字は曲、号は大愚。光照寺玄乗に従い出家。円通寺国仙の法を嗣ぎ、以来二十数年間諸国を行脚し苦学修行した。生涯寺を持たず、時に托鉢して回り、子供と遊び、和歌を詠み書を楽しむ、自由で無欲な一生を送ったといわれる。万葉風の和歌及び書風は天衣無縫で高い評価を得ている。

カテゴリー