ARTIST DETAILS 作家詳細

作家名

柳沢淇園

やなぎさわ きえん
作家詳細

(1704~1758)江戸中期の武士、南画の先駆者。江戸生。名は貞貴、里恭。字は公美。号は玉桂、淇園。吉田秀雪に師事。少・青年期、藩主柳沢吉里の信愛が厚く、柳沢姓を許される。享保九年に藩の転封に従い大和郡山へ移住。多芸多才であり、特に画に優れる。画は幼年、狩野派を学んだ後、中国画や画史、画譜類で自習した。「関帝図」「籃中挟蘭図」等、濃彩の人物・花果図が多い。他に墨竹や指墨も残す。池大雅を指導。

カテゴリー