Work / writer 作品・作家

WORK OF THE MONTH 今月の逸品

酒井 抱一画/菊池 五山・宮澤 雲山賛「鶏と烏図」

双幅 絹本 淡彩
中野其玉鑑定書 大正十三年十一月東京美術倶楽部第二回武藤山治氏売立目録所蔵
94×35cm / 183×50cm

文化12年(1815)、抱一は私淑する光琳の百年忌に遺墨展を開催し、その成果を「光琳百図」にまとめて出版しました。本作はその百図の中の一つを踏襲したものです。鶏は、琳派らしいたらしこみで軽妙に描かれており、生命感に満ちています。賛者の宮澤雲山は「ここに描かれた鶏の姿はまるで生きているかのよう。」と称賛しています。一方の烏は、琳派特有の水紋で羽が表現され、意匠性が強調されています。菊池五山は「皇帝の庭に栖まず、我が庭でも啼いておくれ、幸をもたらす烏よ」との賛を寄せ、ユーモアでかわいらしい烏を神の使いとして称えている。本作は実業家・武藤山治の旧蔵品で、3月20日から開催する「琳派展-ひきつがれる装飾と簡素の美-」でも展示・販売いたします。

酒井抱一の詳細はこちらから→ 作家詳細へ

SEARCH BY CATEGORY カテゴリーで探す

SEARCH BY SEARCH 検索で探す